いろいろな発電方法を紹介する

皆さんが普通に生活できるのは電気があるからですよね。
パソコンをしたりスマートフォンを使ったり、テレビを見たり、ドライヤーで髪の毛を乾かすのも電気がなかったら無理です。
電気はとても大切なものなのですが、勝手に作られるわけではありません。
様々な方法で発電されており、それを我々は使わせてもらっているんです。
具体的にどのような発電方法があるのかを見ていきましょう。

○原子力発電
悪の根源のような言われ方をされることもありますが、日本で使われている電気の中の多くを占めています。
とても頼りになる発電方法なのですが、トラブルがありますと、取り返しがつかなくなる可能性もありますね。

○火力発電
日本国内でかなりメジャーな方法でして、70%以上の電気をこれで作っています。
二酸化炭素を出すことでも知られていますが、最近は発電量を向上させる方法も発見されていて、これによって発電量に対して発生する二酸化炭素量が減っているようです。
ただまったくなくなると言うわけではありませんので、環境問題を考えると微妙な思いも感じられます。

○風力発電
だだっ広い草原などに大きな風車が建てられていてそれで発電する、というイメージがあるでしょう。
最近は山の上に立てられたり、海に設置されたりなどしています。
風力発電=環境に良いというイメージですので、これからはもっと増えていくことでしょう。

○太陽光発電
数年前から様々なメディアなどでも取り上げられている方法で、補助金が出たりもしていましたね。
一般家庭の家にも取り付けることができるので、電気を自作することが可能です。
さらに余った電気は売ることもできますので、お得感があるでしょう。
エコにこだわる人にも愛されている方法で、小規模なものから大規模な太陽光発電プロジェクトまであります。
リープトンエナジー株式会社

他にも水力発電や地熱発電など、もっともっとあるのですが、メジャーなものはこれらでしょう。
これからの時代はよりエコで安全な発電方法が推奨されるはずですね。

フエルトが使われている製品

フエルトはあらゆる製品に使われています。

フエルトも素材の一種ですので、一般的にはファッションや雑貨類で使われているイメージがあると思います。

しかし、それだけにはとどまらず、さまざまな分野で重宝されているのです。

それは市販の製品でも同じ事が言えます。

フエルトが使われている分野はファッションや雑貨のほか、工業製品から医療、建築関連まで幅広くなっています。

たとえば工業では緩衝材として、医療では器具の滑り止めなどに使われています。

建築材としても重宝されており、断熱材の一部として使われることがあります。

フエルトはこうした分野での活用事例が多くなっていますが、私たちの身近な製品でも幅広く使われています。

ぱっと思い浮かぶ方が居るかもしれませんが、代表的なものとして挙げられるのが文具です。

たとえば小中学校で習字をする際、半紙の下にフエルトを敷いています。

ほかに有名なものがフエルトペンでしょう。

フエルトペンはマーカーペンなど、ほかの呼び方をされることもあります。

文具メーカーによって製品名は変わりますが、分類としてフエルトペンは非常に有名です。

フエルトペンはペンの芯の部分にフエルトが使われています。

一般的に売られているフエルトよりも繊維の密度が高く、表面はとてもなめらかです。

吸水性が高くなっており、インクをしっかり染み込ませて多彩なタッチで文字や絵を書けます。

画材として広く使われている一方で、字の練習をする際にも活用されています。

フエルトペンは毛細管現象を利用しています。

ペンの軸がインクを少しずつ吸い上げるため、インクがにじむことも少ないのが利点です。

速乾性もあるため、すぐ乾くところもメリット言えます。

日本では戦後まもなく生まれた製品です。

今でもさまざまなメーカーが製造・販売しています。

フエルトが使われている製品としては一番売れているのではないでしょうか。

誰もが一度は世話になったことのある代表的な文具です。