ツイッターとかはSEO対策に有効なのか?

WEBサイトの評価を高めGoogleなどの検索エンジンでのキーワード検索において上位表示させる技術全般のことをSEO対策と呼びます。

手法はいろいろとあるんですけど、まあ基本的には「検索ユーザーにとって役に立つ情報を提供する」ことにあります。ここがSEO対策の根幹部分になりますね。

あとは有効な外部リンクを獲得することであったり、役に立つページを増やすとかになるわけですが、ツイッターとかFacebookなどを使ってSEO対策ってどうなんでしょうね?

「ツイッター SEO効果」などで検索したら分かるかもしれませんが、私の感覚ですと「効果はある」といったところでしょうか?「効果がある」というよりは「やっておいたほうが良い」という感じかもしれません。

理屈としてはこうなんですが、例えば多くのツイッターアカウントでツイートされる内容って、役に立つ内容であったり注目コンテンツなわけですよね?どうでもいい情報がたくさんツイートされるわけがありません。

検索のアルゴリズムにおいては外部リンクにおける「アンカーテキスト」が指標のメインになるわけですが、ツイッターなどで言及されたサイトでも評価指標に挙ってもなんらおかしくはないですよね。

という感じなんですが、極端にいうと例えば貴方のサイトが堀江隆文さんのツイッターアカウントで紹介されたとします。もちろん検索エンジンも「堀江隆文=注目パーソン」ぐらいは分かってるでしょうから、貴方のサイトの価値は上がるはずです。

あと、ツイッターで言及、紹介されたサイトって、そのままブログなどで紹介される可能性もあります。そうなると直の外部リンク効果も見込めますので、SEO対策として有効な手段ということになります。

Facebookに関しても同じような感じだと思います。あんまり詳しく調べてないので分かりませんが、Google側がFacebookの「いいね!」をランキングシグナルに入れているとのことです。

ただ、この「ランキングシグナルに入れている」というのは、あくまで数百あるランキング決定要因のひとつに過ぎませんので、例えば「いいね!」が増えたところで順位が上がるというわけではありません。

SEO対策は「塵も積もれば山となる」的な要素がありますので、些細なことでも積み上げていくことが大事かなと思いますね。