SEO対策のやり方、そもそも考え方が間違ってることが多い

Googleなどのインターネット検索において、WEBサイトを検索結果の1ページ目などの上位に表示させるためのもろもろの施策のことを「SEO対策」などと呼びます。

この「SEO対策」という言葉そのものが「おかしい」と異を唱える方々も存在するのですが、あんまり難しいことは考えずに「検索上位表示対策=SEO対策」と考えても差し支えありません。

因に異を唱える方々は「SEO=検索エンジン最適化」であるから、「SEO対策」だと「検索エンジン最適化対策」となるためおかしい、という理屈ですね。
どうでもいい議論でしょう。

 

さて、本題に入りましょう。
本日のお題は「SEO対策のやり方」に関してご紹介、というか論議していこうというわけですが、「そもそも考え方が間違っていることが多い」としたのは、

本当にSEOというものが何なのか?というのをちゃんと理解してWEBサイトのSEOに取り組めているの?

というわけです。

アフィリエイターなどのいわゆるプロのSEO対策職人ですら、SEOの考え方がズレており結果が出せていない人も多く見られます。
もっとも、アフィリエイターはSEO対策の技術だけではなくマーケターとしての高い能力も必要になるため、SEO対策は外注してコンテンツは内製して・・・・

ちょっと待った!!

ここです。
なぜ私がここで話を中座したか、貴方はお分かりになるでしょうか?
「SEO対策は外注して」という部分なんです。

 

この文脈でのSEO対策というのはいわゆる「外部リンク施策」を差しています。
もちろん間違いではないのですが、このレベルの思考を持つ方々の多くはどこか・・・

検索順位は外部リンクを張ったら上がる

という認識、理解を持っているのです。

繰り返しますが、これは間違いではありません。
後述しますが、検索順位を上げようと思えばWEBサイトの相対的な評価を高める必要があり、それはどうやって高めるかといえば外部リンクの獲得であるからです。

ただし、これはWEBサイトの相対的な評価、つまり「他のWEBサイトよりも人気がありますよ」という部分を高めるだけであって、その他のSEOでもっとも重要である要因は抜きにした話なのです。

 

「その要因は何なのか?」ということですが、実はこれこそがSEOであると言い切っても良いと筆者は思っているのです。それは・・・

検索クエリーに対してしっかりと答えを持っているWEBサイト(あるいはページ)であるかどうか?

という部分です。

 

考えてみて下さい。
貴方は今、大阪市北区は梅田にあるオフィスで仕事をしており、お昼にラーメンを食べたいからどこか美味しいラーメン屋さんはないかと、午前中に空いた時間をちょっと使って、ネットで調べるとしましょうか。

この場合、どういった検索クエリー、つまり検索するキーワードですね、言葉です、これを使うか?というところから始まるわけですが、よほどネットリテラシーの低い方を除いては・・・

「梅田 ラーメン」
「大阪市 ラーメン 美味しい」
「大阪市北区 ラーメン」
「キタ ラーメン ランチ」
etc.

などと、GoogleやYahoo!で検索して探すのではないでしょうか。
で、仮にこういったキーワードで検索した場合、例えば検索結果の1ページ目に天六にある中華料理屋さんのホームページが出てきたら貴方はどう思いますか?

注)天六(天神橋筋六丁目)も北区ではあるが、梅田から随分と外れている

この場合、クリックしないで他のサイトを探すとは思いますが、できれば北区の梅田近辺のラーメン専門店のHPが1ページ目に出てきて欲しいですよね?
これは当たり前のことで、わざわざ説明する必要はないでしょう。

 

実はこのことは非常に重要で、これがSEOの原点でありWEBサイトの目指すところなのです。

GoogleやYahoo!は検索ユーザーが便利で使いやすいように検索結果の1ページ目を作り出したいわけで、つまり検索クエリーにふさわしいWEBページを検索結果の1ページ目に表示させたいわけなんです。
このことが先述しました外部リンク以外の「その他のSEOでもっとも重要である要因」というわけです。

 

話をまとめますと、SEO対策とは以下になります。

①サイト評価(ページ評価)を高めるために外部リンクを獲得する
②SEO対象サイト、対象ページを限りなく検索クエリーに対する答えにマッチングさせる
③検索ユーザーが納得するだけのコンテンツ(情報量、質共に)を持つ

企業のWEB担当者でSEOに取り組んでいる人は、最低限これぐらいは知っておくべきでしょう。
実際、おそらくこの3つをちゃんと理解して取り組めている担当者はほとんどいてないのではないでしょうか。

さらに、この3つのSEO対策のやり方を理解し、さらに掘り下げて取り組む必要があるわけですが、これはもうプロの仕事だと思いますので、専門家に任せるのがベストかと思われます。

 

③に関してですが、いくら検索クエリーにマッチしたページであっても、内容が薄っぺらければ評価は低くなります。

例えば赤ワインを販売している通販サイトを考えた場合、3本しか扱っていない店舗よりは100本扱っている店舗のほうがサイトの評価は高くなります。お客さんからすれば当然、いろいろと選べるため後者のホームページを見たいからです。

ただし、一概には言えないのがSEOの難しいところです。

例えばそのショップは赤ワインを1本しか取り扱っていないが、そのショップオリジナルの厳選された赤ワインで、ブドウの品種から作り方まで事細かく書かれてあり、写真もたくさん掲載されているこだわりを持ったページなら、平べったく100本掲載されているページよりも評価が高くなることもあるでしょう。

SEOを考慮したコンテンツの作り方、見せ方、構成の難しさはこのあたりにあります。

また①の外部リンクに関して、最近Googleの検知フィルター能力が上がってきているため、中途半端に取り組むと必ず失敗します。

 

この記事を読んでみると、一時期言われていた、いや、今も言われている「SEO対策は終わった」とか「SEO対策は意味がない」などの言葉は絶対に出て来ないのではないでしょうか?

因に、個人的にはあまり好きじゃない最近言われているコンテンツSEOという言葉、手法、そもそも手法と言えるのか?と思うわけですが、外部リンクの部分は抜きにして②と③をがっつりと取り組みましょう、ということです。

ただし、同じだけ②と③のコンテンツ要因をクリアーしていれば、結局ランキングは①の外部リンクで決定します。

このことは覚えておく必要があり、決して目を背けてはいけません。

 

出典元

1.山形ホームページ制作会社
2.オンラインカジノスロット